調査や工事の際に役に立つ事柄の色んなpoint

大きいなバイオガス発電

温泉の今後

温泉にも様々な効果があります。またその場所も火山活動が活発な地域で多く温泉開発が行われています。人々の価値観の変化に伴う今後の変化や技術の変化にも期待できます。

Read more

水の使い道

井戸工事によって汲み上げる井戸水には、どのような使い道があるのでしょうか。実は、飲用のために井戸を作るよりは、畑にまく水として、あるいはトイレや洗濯のための水として、使ったほうがお得なものです。

Read more

改良と注意

度目工事や大規模な建設工事には土質改良プラントが必要になり、大変役に立っています。しかしこれを使用するときには注意する事柄の把握をしっかりとし、安全に使用していかなくてはいけません。

Read more

調査について

さく井工事を行なうことで、自宅に井戸を作ることができますよ。追加料金を請求しないこちらなら安全に工事できます。

高い技術力を誇っているこちらの会社に地盤調査を依頼しませんか?地盤の状態を性格に把握することが出来ますよ。

構造物築造における地盤調査

わが国は、南海トラフに代表されるプレート型地震だけでなく、全国の至るところに分布している活断層に起因した地震災害が危惧される国土にあります。また、人工の多くが河川流域で生活しているため、比較的軟弱地盤にあることから、常に地盤の脆弱性に対し、不安を抱えている人が多く見受けられます。その一方で、狭隘な箇所でのビル建設や、住居といった建築物を築造することになります。その設計において重要な要素が地盤データです。その地盤データを収集するには、地盤調査が不可欠となります。地盤調査は、地表踏査や、文献調査だけでなく、ボーリング、あるいはサウンディングによる地質調査も含まれます。ボーリング調査では、コアを採取した地盤調査を行うことで、地盤条件を目視で確認することも可能となります。そして、地盤調査で得られた地盤情報は、設計において有効活用されることになります。

データ収集による今後に向けた安全設計

ボーリングによる地盤調査を行う際、原則として1mごとに標準貫入試験を行い、N値を求めます。N値とは、原位置の地盤の相対的な地盤の硬軟、あるいは土の締まり具合の指標といわれています。N値は、標準貫入試験用サンプラーを所定の深度に降ろし、重錘を落下することで得られる指標値です。また、地盤調査においては、コアを採取して、N値とともに、地盤の土質柱状図を作成し、地盤分布の把握を行います。そこでは、地盤支持力が得られますので、設計荷重に対する支持力度の検証を行うことが可能になります。また、地下水状況の把握も、建築物の基礎の検討においては、重要な要素となります。このように、支持力や、耐震性といった外力に対し、地盤の持つ強度との比較によって、安全性の検証を行うことが可能になります。今後は、近い将来発生するといわれている巨大地震に備え、耐震性能に優れた建築物を築造することで、安全・安心な社会づくりが可能になります。

狭い場所の調査にも対応しています。地盤調査を専門としている業者はこちら。土地の状態について詳しく知るために利用してみませんか。

注目の記事